マガジンのカバー画像

【ゴールド特集】なぜ今「金」が買われているのか?

7
今年8月、「金価格が1万円を突破」というニュースが流れました。なぜ今、金市場は盛り上がりを見せているのでしょうか?日本では、投資対象として馴染みのない「金」。ここではそんな金の様… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

「金投資」LINEチャットのQ&Aまとめ

現在、37名の投資家の方々から「金投資」に関する質問をお寄せいただきました! (*2024年2月20日時点) 本記事ではLINEの質問で多かったものとその回答をさせていただきますので、ぜひ参考にしてみてください! なお、「金投資」に関する質問は随時受付中です! ドシドシお気軽にコメントください! >>LINEに移動する 【注意点】 弊社の「金投資」に関する講座『ゴールドマスタークラス』の内容を一部公開している記事になります。詳細については同講座をご受講ください。

【ゴールド特集⑥】金投資 3つのデメリットと対処法

ここまで全5回に渡ってゴールド特集をお届けしてきました。 改めて金の特徴をおさらいすると… 特徴1:危機に強い 実際、過去9回の金融危機における株式と金のパフォーマンスを比較すると、そのうち8回において「金」が株式を大きく上回ってきました。 例えば、リーマンショックでは、株式市場が約56%下落した一方、金価格は約25%上昇。同じ100万円が46万円と125万円になりました。 過去9回の平均リターンを見ても、株式が -30%であるのに対し、金は+6.5%。こうして投資

【ゴールド特集⑤】日本で“金投資”が普及しにくい理由:「円」が強すぎたから

こちらのグラフをご覧ください。 赤い線と青い線が見えますよね。これらは、いずれも”とある投資先”の価格推移を表しているのですが、あなたは赤と青どちらに投資をしたいと思いますか? ・・ ・・ ・・ このグラフだけを見ると、おそらく多くの方が「赤」の方に投資をしたいと思われたのではないでしょうか? ですが実はこれ、どちらも同じ「金価格」を表しています。 違いは、「円建て」か「ドル建て」かということだけ。青いグラフが円建ての金価格を表しているのに対し、赤いグラフはドル建て

【ゴールド特集④】 未来を担う金:実は金がイノベーションの着火剤だった?

人類が初めて使用した金属とも言われる「金」。 人は古代から金の輝きに魅了され、工芸品や装飾品、または通貨として使用してきました。史上最古の文明のひとつ、メソポタミア文明では、世界最古の金の工芸品が見つかっています。 昔は実用品としてあまり使用されなかった「金」ですが、現在では半導体やLEDなど、様々な用途で使用されています。しかし、それだけではありません。実は、技術の最先端に「金」がいることをご存知でしょうか?今日は金の意外な3つの用途をご紹介しましょう。 1.宇宙服

【ゴールド特集③】日本で初めて「金」が採れた日

「金が採れたぞ!」今から約1,300年前の749年。その年、日本で初めて「金」が発見されました。現在の宮城県で約13kgの砂金が採れたのです。 それまでの日本は金が採れず、海外からの輸入に頼っていたそう。「この国はキンを産出しない貧しい国だ」と悩んでいました。 そのため金発見のニュースには、聖武天皇も大喜び。嬉しさのあまり年号を「天平」から「天平感宝」に改元したほどでした。 さらに、まだ喜びが足りなかったのか、その年のうちに再び年号を「天平勝宝」に。1年のうちに「3つの

【ゴールド特集②】なぜ世界の大富豪・政府は「ドル」を手放し、"金"を買うのか?

先週ご案内したこちらの記事『ゴールド特集:なぜ今「金」が買われているのか?』はもうご覧になりましたか? もしまだのようでしたら、ぜひこちらからご覧ください。 先週の記事では、金が危機やインフレに強い「優れた安全資産」であるというお話をしました。 実際、これは過去9回の金融危機における株式と金のパフォーマンスを比較した表です。9回のうち8回の危機において、金が株式を大きく上回っていることが分かりますね。 例えば、リーマンショック。当時、株式市場は約56%下落した一方で、

【ゴールド特集①】金価格が1万円を突破。なぜ今、「金」が買われているのか?

「金価格が1万円を突破」2023年8月29日、こんなニュースが流れました。  今年に入り、金価格は連日で過去最高を記録。ついに史上初めて、「1万円」を突破しました。30年前に比べると…金の価格は約8倍に。 こうしたニュースを受け、金マーケットは今、かつてないほどの盛り上がりを見せています。例えば… ・純金製のアイテムが大人気。  ・砂金採り体験に参加する観光客が急増。 ・金の買取店に来店するお客さんも急増。 さらには現物だけではなく、金関連の投資信託にも注目が集ま