見出し画像

Q.投資で一番見るべきポイントは?(業績でも株価でもない)

From:チャールズ・ミズラヒ

株式市場で40年以上のキャリアを持つ投資のエキスパート。23歳の時に自身の資産運用会社を立ち上げると、7年連続で全米No.1のリターンを出すことに成功。その手腕は瞬く間に知られることとなり、ゴールドマン・サックスやJPモルガン、クレディスイスなど世界トップの金融機関から資産運用を任されるように。また、35歳の時にはコモディティ・トレーダーとしても全米No.1のリターンを出した実績を持つ。2011年には、当時メディアから「今後株価が上がることはない」と酷評されたAppleとMicrosoftを推奨。それぞれ1,300%以上のリターンをもたらすこととなった。彼の洞察はNewYork Times、Barrons、Wall Street Journalをはじめ多数の経済・金融メディアで取り上げられている。また、彼が執筆するニュースレターは7万人の顧客に購読されており、その中にはメリル・リンチ、モルガン・スタンレー、JP・モルガンなど世界トップの投資銀行も含まれる。

チャールズ・ミズラヒについての詳細はこちらから>>


「投資で利益を狙うために最も大切なことは何か?」

そう聞かれたら、何と答えるだろうか?

私が40年にわたるキャリアの末、行き着いた答え。

それは…






・優れたCEOを見つける
・彼らに投資する


この2つを徹底することである。

その分かりやすい例が、インテスト(NYSE: INTT)だ。

出所: inTEST HP


この企業は、半導体から自動車部品、通信機器に至るまで、電子機器の性能テストを専門としている企業。

ほんの数年前まで、同社は無名であった。

実際、ウォール街では、同社を紹介するアナリストはたった1人しかいなかったほどである。

しかし、2020年8月にニック・グラント氏が最高経営責任者(CEO)に就任。

彼は就任するや否や、会社を覚醒させた

出所: NEW YORK citybuzz

たった2年間で急激に収益を上げ、株価を6倍にも上昇させたのだ。

一体彼はどんな手を使ったのだろうか?

インテストの迅速な方向転換


グラント氏がCEOに就任する前、
インテストは収益も成長もおぼつかない状況だった。

彼はCEOに就任すると、すぐに市場の分析を開始。

イノベーションを創出するよりも買収する方が得策であることに気づいた。

そして、即座に競合他社や同業他社の買収をスタート。

出所: businesswire

実際、同社は2021年に3社を買収し、2,000万ドル以上の利益をもたらした。

さらに、彼の買収戦略はそれだけにとどまらない。

社内にM&Aのスペシャリストで構成される特別チームを設立。

その結果、2020年8月時点ではわずか5,400万ドルだった収益を、
2022年末には、1億2,000万ドルに。

彼の賢明な買収戦略と優れた実行力で、
収益を2倍に引き上げたのだ。

最新の予測では、今後2年間で収益はさらに倍増し、
2億5,000万ドルに達するとされている。

年平均成長率は30%になるだろう。

こうした実績と期待から
同社の株価は6倍近くも上昇した。(2023年6月20日時点)

出所: Trading View


優秀なCEOは二流の会社に多大な利益をもたらす。

そして、一流の会社には莫大な利益をもたらす

彼の指揮の下、会社は経営を立て直し、株価は急上昇したのだ。

もし、”CEOの殿堂”が存在するならば、私は真っ先にグラント氏を推薦すると思う。

ここまで読んでくれたあなたには、
私がなぜ優秀なCEOとビジネスをしたいのか?

少しご理解いただけたかもしれない。

それは、

「そこにチャンスがあるから」だ。

あなたも投資をするときには、ぜひCEOについて着目してほしい。

そうすることで、チャンスが目の前に転がってくるだろう。

~Financial ダイレクト編集部~

そんなミズラヒさんが今、優秀だと注目しているCEOと企業はこちらの動画でご紹介しています。
→続きをチェックする

P.P.S

Financial ダイレクトの公式Twitterを開設しました。経済や金融に関する情報をタイムリーにお届けしますので、ぜひフォローしてチェックしてみてください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!