見出し画像

分散投資をしてはいけない…?


From:チャールズ・ミズラヒ


株式市場で40年以上のキャリアを持つ投資のエキスパート。23歳の時に自身の資産運用会社を立ち上げると、7年連続で全米No.1のリターンを出すことに成功。その手腕は瞬く間に知られることとなり、ゴールドマン・サックスやJPモルガン、クレディスイスなど世界トップの金融機関から資産運用を任されるように。また、35歳の時にはコモディティ・トレーダーとしても全米No.1のリターンを出した実績を持つ。2011年には、当時メディアから「今後株価が上がることはない」と酷評されたAppleとMicrosoftを推奨。それぞれ1,300%以上のリターンをもたらすこととなった。彼の洞察はNewYork Times、Barrons、Wall Street Journalをはじめ多数の経済・金融メディアで取り上げられている。また、彼が執筆するニュースレターは7万人の顧客に購読されており、その中にはメリル・リンチ、モルガン・スタンレー、JP・モルガンなど世界トップの投資銀行も含まれる。

チャールズ・ミズラヒについての詳細はこちらから>>

「卵は一つのカゴに盛るな」

投資の世界で、この言葉をこれまで何回聞いてきたことだろう。

30〜40銘柄に資産を分散させるか、
いっそのことインデックス・ファンドのみを購入する。

そうすることで、たとえ一つの銘柄のパフォーマンスが悪くとも、
資産への影響は小さく済むだろう。

しかし、もし単に資産を守るだけでなく、
増やすことが目的であれば、
過剰な分散投資は避けることをおすすめする。

なぜなら、それは裕福になる方法ではないからだ。

巨万の富は、ポートフォリオに50種類以上の株式を
保有して築かれたわけではない。

いくつかの優れたビジネスを見極め、
長期にわたって保有していたから生まれたのだ。

歴史上最も成功した男から、この教訓を学ぶことができる。

史上最高の大富豪


アンドリュー・カーネギー氏

13歳のとき、家族と共にアメリカに移住してきたカーネギー氏は、
当時、週に6日、毎日12時間、綿工場で働いていた。

そうして稼いだ彼の初任給は、週あたり5,945円程度。

(1ドル145円で計算)

時給にして82円ほどの貧しい生活を送っていた。

しかし、彼が亡くなる頃には、その資産総額は45兆円ほどに広がり、
世界で最も裕福な大富豪の1人としての地位を獲得した。

その額は、ウォーレン・バフェット氏やビル・ゲイツ氏、
イーロン・マスク氏など、現代の億万長者を凌ぐほどである。

彼は一体、どうやってそこまで資産を増やしたのだろうか?

それは、資産を集中させること。

多くの経営者が、事業を多角化し成長を図る中、
彼は、鉄鋼業に絞り投資を行なった。

当時、南北戦争による艦船の装甲や物資を運ぶための鉄道のレール、
その他様々な工業製品に使用されるため、鉄鋼の需要が高まっていた。

そこで、彼はそれまで鉄道、製油、
建設などに費やしていた資産を鉄鋼業に集中。

結果、米国史上第2位の資産家と言われるまで、
資産を増やすことに成功した。

「富を得る方法は、すべての卵を一つのカゴにつめて見守ることだ」
と彼は述べている。

どんな分野であろうと、成功に至るには、
その分野について誰よりも詳しく、完全に理解する以外他ならない。

自分の持つ資産を全て費やしてでも、
事業理解に徹しようとすることが、彼の大きな成功を生んだのだ。

集中的な利益

 もちろん一つの銘柄のみに投資することを推奨しているわけではない。

限られた優秀な銘柄に集中したポートフォリオを作ることが重要なのだ。

そのためには、次の3つのことが重要になってくる。

✔︎ 1つ目は、ビジネスについて熟知していること。

これは投資の前提条件のように聞こえるかもしれないが、
多くの人は理解していない。

彼らが知っているのはティッカーだけなのだ。

何も考えずにETFやインデックス・ファンドに投資するのは簡単である。

しかし、もしあなたがほんの一握りのビジネスを集中して保有し、多くの富を稼ぎたいと考えるなら、最高のものを購入したいと思うだろう。

そして、競合に対して優位性があるかどうかを知るためには、
投資先のビジネスそのものを理解しなければならない。

✔︎ 2つ目の条件は、長期的な見通しに焦点を当てることである。

本当に優れたビジネスは、変化する市場環境に適応し進化する。

最高の企業は常にチャンスに立ち向かい、
それを最大限に活用するのだ。

そのため、株価の上がり下がりに一喜一憂して、
手放してしまってはこの恩恵を受けられなくなる。

✔︎ そして最後の条件は、魅力的な価格で購入することだ。

あなたが支払う価格が、リターンを決定する。

高く買えばリターンは低く、安く買えば、リターンは高くなる。

たとえ素晴らしいビジネスでも高値で買えば、
ひどいリターンとなってしまう。

いくつかの割安な銘柄を見つけ出し、
それを長期にかけて保持し続けることが、
莫大な利益につながるのだ。

「分散投資が大事」

今後も世間ではこの言葉が一人歩きすることだろう。

本当に正しい投資とは何なのか?

富を維持することだけではなく、増やす資産形成をできているのか?

これを機会に考えて、ポートフォリオに含まれている銘柄を見直してみてほしい。

 ~Financial ダイレクト編集部~

ミズラヒさんが今、注目する”ラスト・サイクル”。
この動画では、そのサイクルに乗って、10倍のリターンが狙える3つの銘柄をご紹介しています。
→続きをチェックする

P.S
Financial ダイレクトの公式Twitterを開設しました。経済や金融に関する情報をタイムリーにお届けしますので、ぜひフォローしてチェックしてみてください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!