見出し画像

16兆ドルの市場を動かす“バッテリー”?

From:イアン・キング

Apple、テスラ、ビットコインの上昇を予測した投資のエキスパート:イアン・キング

株式市場で20年以上のキャリアを持つ投資のエキスパート。大学生のときにメリルリンチ(当時、米国三大投資銀行)でキャリアをスタート。その後、当時ウォール街の王と言われたソロモンブラザーズ、米国6大銀行のシティグループで着実に投資家としての力をつけた。
2008年。リーマンショックで株式市場が大暴落する中、彼が立ち上げたファンドは339%という驚異的なリターンを達成。彼の優れた分析力と将来を見通す力は注目されて、Forbes、Fox Business News、Yahoo Financeなど、米国では有名な経済・金融メディアに多数取り上げられている。
AI、5G、自動運転、IoT、EV(電気自動車)、再生可能エネルギーなど、最先端のテクノロジーを持ち、大きな株価上昇が期待できる銘柄を発掘することに定評がある。
さらに世界最大の金融教育プラットフォーム、investopediaが運営するインベスト・アカデミーでは暗号資産の講師も務めており、暗号資産取引のエキスパートでもある。
彼が執筆するニュースレターは創刊後4年間で全世界119カ国、およそ12万人の顧客に購読されており、その中にはゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、JP・モルガンなどの有名企業のアドバイザーも含まれる。

イアン・キングの詳細はこちら>>

疲れ果てた私が向かった先とは…?


今からおよそ10年前、私は持っていたものはほとんど捨て、お気に入りのサーフボードを手にニカラグアに向け出発した。

金融業界で20年以上働いた私には、少しの休暇が必要だったのだ。

ニューヨークのトレーディングフロアから離れ、私が向かった先はアメリカの都市部から離れたビーチ。

そこには風に吹かれるヤシの木、サーフィンをする人たちで溢れた無限の波、素晴らしい人々、と素晴らしい光景が広がっていた。

出所:Getty images

とはいえ、全てが夢のような素晴らしいものだったわけではない。

私の休暇を襲った“悪魔の”停電

というのも、突然、全ての電源が落ちてしまったからだ。

最初はそれほど心配していなかったが、後にわかったことは、この停電が1週間ほど続いてしまうということ。

折角、休暇に来たにも関わらず最悪の状態になってしまったのだ。

私はとても落胆した…

普段、アメリカの中心部に住んでいると、停電が1週間続くなんてほとんど考えられない。

そして、過去を振り返ってみてもそのような経験をしたことがほとんどないのではないだろうか。

しかし、2021年の冬、アメリカのテキサス州で嵐が発生。

数百万人の人々が、1週間近くの停電を経験したのだ。

その間、寒波の影響もあり200人近くの人たちが命を落とすことになった…

そして、当局が住民に電力の使用を控えるよう
メッセージを送るまで事態が悪化していたのだ。

そして、電力会社はこのような不測の事態が起こったり、夏の暑い日、冬の寒い日が訪れると計画停電を実施することがたびたびある。


このようなことが起こるたびに、
私は代替エネルギーが必要だと感じている。

電力不足を補う新たなエネルギー

代替エネルギーといえば、太陽光発電、風力発電、水力発電といったもの。

出所:Getty images

普段、私たちが使用している電力の大半が石炭・石油を使用した火力発電なので、
代替エネルギーで電力を作ることができれば、電力不足を補うことができる。

このような代替エネルギーは、昨今、地球温高化の影響もありとても注目されている分野だ。

そして、数十年ほど前から人類の課題とされてきたテーマでもある。

しかし、数十年前から取り上げられてきたにも関わらず、一向に導入が進んでこなかったことが事実。

なぜなら、ある重要な要素が欠けていたからなのだ…

しかし、今ある技術の発達により課題が解決されつつある。

そして、その技術を開発する業界の株価は4ヶ月間で105%上昇した実績を持つ。

また、ブルームバーグが毎年30%の成長を期待している分野であり、

今後数年間で16 兆ドルのブームをまき起こすことも予測されているのだ。

一体、どのような分野なのか?

再生可能エネルギーの“欠陥”を補う蓄電池


これを見てほしい。

このボックスから供給される電力量はピーク時には127 メガワット (MW)/508 メガワットに達する。

それは、アメリカにある巨大ショッピング・モールの一つ、モール・オブ・アメリカが消費する電力の5倍。

Wikimedia Commons

そして、カリフォルニアが猛暑に見舞われた中、このボックスのおかげで、3.2ギガワット以上のエネルギーを蓄えることができた。

これは、およそ2年前の150倍のエネルギーに相当する。

なぜ、このようなことが可能になったのだろうか?

それは、蓄電池の発達が大きな要因だ。

蓄電池とは、その名の通り電力を蓄える際に使用されるもの。

今まで、再生可能エネルギーの技術が発達したことで、新たな電力を作り出すことが可能になった。

一方、生成した電力はタイムリーに使用されるわけではない。

つまり、一時的にどこかに貯蔵しておく必要があるのだ。

これが、再生可能エネルギーにあった欠陥だった。

そこで、蓄電池の出番。

蓄電池技術の発達により、再生可能エネルギー電力の貯蔵が可能になったのだ。

また、技術の発達によりより安価で蓄電池を供給することが可能になった。

年々下がるバッテリー価格


実際、蓄電池の一つであるリチウムイオンバッテリーの価格は2010年当時、1,200 ドル近くだった。

それが今では、140ドル程度まで価格が下がっているのだ。

そして、バッテリーの価格が下がると同時に再生可能エネルギーの導入もこのように進んでいる。

国際エネルギー機関は、太陽光発電は現在「史上最も安価な電力」と言っている。

つまり、価格が下がったバッテリーと組み合わせると、より低価格で電力が供給できるということだ。

そして、CNBCは、2020年代を「バッテリーの10年」と呼び、4,260億ドルの新しいバッテリー投資があると予測している。

また、ゴールドマン・サックスは 蓄電池を生産する企業の一つEPC Power Corpの過半数の株式を取得した。

これは、ゴールドマン・サックスが再生可能エネルギーと蓄電池の将来性に期待しているということだ。

実際、蓄電池関連のビジネスを行う企業の株価はこのように上昇している。

今後、市場規模が16兆ドルにまで拡大することが予測される、再生可能エネルギービジネス。

その影で再生可能エネルギーを支える、蓄電池の需要も今後、益々伸びていくだろう。

そうすれば、蓄電池を扱う企業の業績が伸び株価が上昇していくことが期待できる。

そのため、今後も蓄電池ビジネスのトレンドと企業をウォッチすることで、大きな投資チャンスが得られるかもしれない。

イアン・キング

P.S.

イアンさんの投資戦略とイアンが「次に来る」と考える3つの銘柄をまとめた、 電子書籍を先着5,000名限定で無料でプレゼントしています。

詳細はこちらからご覧ください。

P.P.S

Financial ダイレクトの公式Twitterを開設しました。経済や金融に関する情報をタイムリーにお届けしますので、ぜひフォローしてチェックしてみてください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!