見出し画像

割安な小型株から利益を狙う


Financial ダイレクト | 経済メディア

From:チャールズ・ミズラヒ

株式市場で40年以上のキャリアを持つ投資のエキスパート。23歳の時に自身の資産運用会社を立ち上げると、7年連続で全米No.1のリターンを出すことに成功。その手腕は瞬く間に知られることとなり、ゴールドマン・サックスやJPモルガン、クレディスイスなど世界トップの金融機関から資産運用を任されるように。また、35歳の時にはコモディティ・トレーダーとしても全米No.1のリターンを出した実績を持つ。2011年には、当時メディアから「今後株価が上がることはない」と酷評されたAppleとMicrosoftを推奨。それぞれ1,300%以上のリターンをもたらすこととなった。彼の洞察はNewYork Times、Barrons、Wall Street Journalをはじめ多数の経済・金融メディアで取り上げられている。また、彼が執筆するニュースレターは7万人の顧客に購読されており、その中にはメリル・リンチ、モルガン・スタンレー、JP・モルガンなど世界トップの投資銀行も含まれる。

チャールズ・ミズラヒについての詳細はこちらから>>

目次

  1. 失敗から学ぶ

  2. 誤った判断

  3. 過小評価されている小型株

  4. 割安なうちに仕込む

失敗から学ぶ


もし株式投資で損失が出た時、
あなたはどんな行動を起こすだろうか?

すぐに忘れて、次の取引に移る?

それとも、何がうまくいかなかったのかを時間をかけて考える?

この答えが、株式投資で
成功するためのヒントを与えてくれる。

偉大な投資家たちはどうするのだろうか?

彼らは皆、自分たちが
何を見逃したかをじっくり考えることに多くの時間を費やす。

どこで間違えてしまったのかを
その都度分析するのだ。

一方で、一切過去を振り返らない
投資家も少なくはない。

“投資で出した損失は、やってはいけないことを学ぶための授業料である”

これを理解することで
投資家としての成功に一歩近づくことができるだろう。

実際、ウォーレン・バフェット氏のビジネスパートナー、
チャーリー・マンガー氏は、このように語っている。

『自分の間違いを振り返るのにかなりの時間を費やしている。
自分の間違いを反省すれば、より良いパフォーマンスを
得られることは自明だろう。』

幸運なことに、私はキャリアの早い段階で、
立ち止まり自分の間違いを振り返ることの大切さを学んだ。

そうして私の過去40年のキャリアの中で犯した間違いをまとめたノートは、
数冊にも渡っている。

キャリアを重ねるにつれ、少しずつこのノートに加わる
間違いの数が減ってきたのは嬉しいことだ。

しかし、どんなにキャリアを重ねても間違いがなくなることはない。

大切なのは、”間違いは悪いことではなく、そこから学べることがある”
と考える意識である。

それこそが私たちに価値をもたらすのだ。

事実、失敗から学んだ教訓は、
私たちのポートフォリオにおいて非常に良い結果をもたらしている。

予想だにしなかったパンデミック


私は、新型コロナウイルスのパンデミックが起こる直前の2020年2月。

デルタ航空 (NYSE: DAL) を推奨した。

ポイントガイ社によって、
2019年アメリカの中で最も優れた航空会社に認定された同社。

株価が割安になったこともあり、当時は「買い」だと考えていた。

出所:Forbes

しかし、その1ヶ月後の3月11日。

世界中でパンデミックが宣言。

中国やアジア諸国は閉鎖され、
デルタ航空の中国とアメリカを結ぶ航路の運行は停止されることに。

デルタ航空は主にアメリカを運行していたこともあり、
中国やアジア各国の影響は最小限で済むだろうと予想をしていた。

しかし、その考えが間違っていたのだ。

アジアへの航路をたたれてしまった同社の株価は急降下。

出所:Trading ViewをもとにFinancialダイレクトが編集

その時初めて学んだ。

世界的なパンデミックを回避して投資をすることはできないと。

世界経済の停止はこれまで誰も経験したことがなく、
モデル化されていなかった。

それにも関わらず、
自分でその問題に対応できると思い込んでしまっていたのだ。

今になると、全く理解ができない。

その後、すぐに教訓を学び、
2020年以降、ロックダウンの影響を受けないような、
消費者にとって不可欠な商品やサービスを提供する企業のみを推奨するようになった。

  • ハードウエア・クラウド・プロバイダーのアリスタ・ネットワークス (NYSE: ANET)  – 265%上昇。

  • 米国最大の病院運営持株会社[JG4] のHCAヘルスケア (NYSE: HCA) – 200%上昇。

  • 保険ブローカーのエーオン (NYSE: AON) – 58%上昇

など、この間違い以降に推奨した3つの銘柄は、
依然として私たちのポートフォリオに大きな利益をもたらしている。

今後数年間でさらに上昇する見込みがあるだろう。

今後も私は間違いから多くの学びを吸収していく。

そして、私たちのポートフォリオをより良いものへと発展させていくつもりだ。

あなたも、もし投資で何か間違いをしてしまった際は一度立ち止まり、
そこから学べることはないか考えてみてほしい。
 

~Financial ダイレクト編集部~

ミズラヒさんがこれまで犯した間違い、
そこから多くの学びを得た今こそ注目する”ラスト・サイクル”。

この動画では、そのサイクルに乗って、10倍のリターンが狙える3つの銘柄をご紹介しています。

→続きをチェックする

P.S
Financial ダイレクトの公式Twitterを開設しました。経済や金融に関する情報をタイムリーにお届けしますので、ぜひフォローしてチェックしてみてください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!