見出し画像

絶対王者

From チャールズ・ミズラヒ

7年連続全米No.1リターンの実績。世界トップ投資銀行も頼る情報源

株式市場で40年以上のキャリアを持つ投資のエキスパート。20歳の時に、ウォール街でキャリアをスタート。その後、23歳の時に自身の資産運用会社を立ち上げると翌年1987年から1993年の7年連続で全米No.1リターンを出すことに成功。その手腕が瞬く間に知られることとなり、ゴールドマン・サックスやJPモルガン・クレディスイスなど世界トップの金融機関からも資産運用を委託される。また、35歳の時にはコモディティ・トレーダーとしても全米No.1のリターンを出した実績を持つ。世の中の数多ある情報から“ノイズ”と“シグナル”を見極めることを得意とし、2011年には、当時メディアから「今後株価が上がることはない」と酷評されたAppleとMicrosoftを推奨。それぞれ1,300%以上のリターンをもたらすこととなった。また、ブラックマンデー・ITバブル・リーマンショックを事前に予見し、当時の顧客を22%、78%、50%の暴落から守ったことで知られる。現在は主に個人投資家向けの活動に従事。彼の記事はNewYork Times、Barrons、Wall Street Journalをはじめ多数の経済・金融メディアからも取り上げられている。また、彼が執筆するニュースレターは7万人の顧客に購読されており、その中にはメリル・リンチ・モルガン・スタンレー、JP・モルガンなど世界トップの投資銀行も含まれる。

チャールズ・ミズラヒについての詳細はこちらから

史上最高の投資家を打ち負かすことは、そう簡単ではないし、滅多にあることではない。しかし、最近…我々はそれをやってのけた。

ある時ウォーレン・バフェットが経営するバークシャー・ハサウェイは40億ドル分の株を購入した。このことが世間に公表されると、その株価は11%も跳ね上がったのだ。

出典:Tradingview

実は…この株は多くの投資家が見誤った業界のもの。
だから我々はバーゲン価格でこの最高のビジネスをポートフォリオに加えることができたのだ。

この業界の株価は今、追い風に押されて上昇中である。では、長期的にはどうなのか?これもまた株主として非常にいい結果が得られると思う。この株の業界が一体どこなのかわかるだろうか?



それは半導体業界である。

世界の追い風を受けている“半導体業界”


半導体業界はなぜこれほどお買い得なのだろうか…?

その理由は簡単である。私たちが触れているほとんどのものには、半導体が必要だからだ。あなたが持っているiphone、車、オーブン、冷蔵庫…すべてのデータを処理するために半導体チップは必要不可欠なのである。

そして現代ではデジタル情報は爆発的に増加し、世界を変えてしまった。2015年、スマートフォンには約100ドル分の半導体チップを必要としていたが、現在では約180ドル分も必要になっている。

さらに今後も需要は増えていき3年後には、300ドル程度になると予測がされている。

業界関係者は、2030年までに世界の半導体チップの年間売上高が2倍の1兆ドル以上になると予想。それほどこの業界には猛烈な追い風が吹いているのである。

半導体業界のリーダーの誕生

そして近年、この半導体業界のリーダーが誕生した。それが、「台湾積体電路製造(TSM)」である。

前述したようにウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが40億ドル(6,000株)で購入したのもこの株である。

この企業は半導体チップ業界に大きな影響力を持っている。

実際、TSMは世界のマイクロチップの約60%を生産しており、唯一の競合相手としては、サムスンがいるが、シェアの差は5倍。同社は競合がほとんどおらず、業界を牛耳っている状態である。

また、最先端の半導体チップ技術をアリゾナ州に導入する計画を発表したばかりであり、すでに施設の建設に120億ドルを投じている。

同社の半導体チップには太平洋の両岸にあるハイテク企業も大きく依存している。

そのうちの一つがアップル。

実は、同社の売り上げのうち26%はアップルが占めているのだ。世界No.1の企業アップルと手を結び、盤石なビジネスを構築している。


TSMの唯一の懸念点


そんな半導体業界に非常に強力である同社ではあるが、唯一の懸念点がある。それは、中国が台湾に侵攻した場合、株価がどう動くかということ。

中国は経済関係の強化といった理由で台湾を「再統一」しようとしている。軍事的対立が起きた場合、中国軍が台湾軍を凌駕するのは目に見えている。

これにより、世界の半導体チップに生産に支障をきたすようなことがあれば、あらゆる方面にダメージが及ぶことは目に見えてる。

もし侵略があれば、第三次世界大戦のような大きな問題が発生することも考えられる。それは、中国、アメリカ、そして世界の国々も望まないことだろう。

現在、台湾は防衛の動きを一切見せていない。これは侵略されることを予期すらしていない証拠である。

つまり、侵略される可能性は非常に低いと考えられる。我々は中国の侵略が起こらないことを祈るばかりだ…

「台湾積体電路製造(TSM)」の凄さをまとめると…

・1兆ドル規模に成長すると予測される産業
・世界の半導体チップの50%を生産している
・多くの投資家が見誤り、魅力的な値段で評価されている

もしあなたが長期的に資産形成を行っていきたいのであれば、このような将来性があり、バーゲン価格で評価されている銘柄に投資することを私はお勧めしたい。

P.S.

この記事でご紹介した台湾積体電路製造(TSM)の他にもう一つ…注目している企業がある。私はこの企業が、2023年の今、最も投資する価値があると考えている。

実際、Amazonの創設者であるジェフ・ベゾス氏をはじめとする名だたる投資家たちはすでに投資を始めているのだ。

その企業の詳細はこちらで詳しく解説しているので、ぜひ一度ご覧になっていただきたい。

P.P.S

Financial ダイレクトの公式Twitterを開設しました。経済や金融に関する情報をタイムリーにお届けしますので、ぜひフォローしてチェックしてみてください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!