見出し画像

暗号資産は法定通貨になるのか?

From:イアン・キング

「1銘柄」をたった「1回」売買しただけ…
1年で18,325%のリターンをもたらした投資のエキスパート:イアン・キング

株式市場で20年以上のキャリアを持つ投資のエキスパート。当時ウォール街の王と言われたソロモンブラザーズ、米国6大銀行のシティグループで着実に投資家としての力をつけた。2008年のリーマンショックのときには、株式市場が大暴落する中、立ち上げたファンドは339%という驚異的なリターンを達成。彼の優れた分析力と将来を見通す力は注目されて、Forbes、Fox Business News、Yahoo Financeなど、米国では有名な経済・金融メディアに多数取り上げられている。AI、5G、自動運転、IoT、EV(電気自動車)、再生可能エネルギーなど、最先端のテクノロジーを持ち、大きな株価上昇が期待できる銘柄を発掘することに定評がある。事実、彼が推奨した投資先は18,325%、1,934%、1,061%、919%のような驚異的なリターンをもたらしている。彼が執筆する有料レポートは創刊後4年間で全世界119カ国、およそ12万人の顧客に購読されており、その中にはゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、JP・モルガンなどの有名企業のアドバイザーも含まれる。

イアン・キングの詳細はこちら>>


「人々が私たちの銀行と金融システムを理解していなくてもそれほど問題はありません。ただ、理解していれば、今後のこのシステムに革命が起こると私は信じています」

これは米国の大手自動車メーカーを設立した、ヘンリー・フォードが言った言葉だ。

当時、この言葉を聞いた人たちは「革命」と聞いてばかげていると思ったかもしれない。

ただ、今の銀行システムを見ると、フォードは正しかったのではないかと感じている。

なぜなら、このシステムに革命が起ころうとしているからだ。

なぜ、そのようになっていくのだろうか?

それについて説明する前に、銀行の歴史について話をしたいと思う。

銀行の歴史


銀行のシステムは1900年代初頭からほとんど変化していない。

例えば、一般的な銀行口座を見てみよう。

あなたが地元の銀行で新しい口座を開設したとする。
そして、あなたは銀行から預金金利を受け取ることになる。

一方、銀行はあなたのお金を他の人へ貸したり、投資をする。

銀行はこのようにして収益を得ている。

このように、銀行の機能はお金を持っている人からお金を集め、それを必要としている人に貸すことだ。

あなたは銀行にお金を預けておくだけで、金利を得ることができる。(微量ながらも)

これだけ聞くと銀行の仕事は健全と言えるだろう。

ただ、実際はどうだろうか?

銀行のCEOは法律の範囲内で、私たちのお金を危険にさらすことがあるのだ。

例えば、彼らが自社の利益を出し株価を押し上げた場合、彼らは数千万ドルのボーナスを手にする。

そして、それを実現するために預金者のお金を使ってリスクが高い投資をすることがあるのだ。

歴史を振り返ってみると、このようなことが何度も起きていた。

それにより、銀行の取り付け騒ぎ*が何度も発生してきた。

*特定の金融機関や金融制度に対する信用不安などから、預金者が預金・貯金・掛け金等を取り戻そうとして(=取り付け)、急激に金融機関の店頭に殺到し、混乱をきたす現象のこと。

取り付け騒ぎが発生すると、銀行は預金者のお金を返済できる場合もあるが、返済できない場合もあり、結果として破綻に追いやられる。

そして、19世紀には銀行の取り付け騒ぎが多発した。

連邦準備制度*が創設された理由は取り付け騒ぎが多発したことが大きな要因だ。
*米国の中央銀行制度。

この制度の役割は銀行が仮に破綻した際、預金者が確実にお金を取り戻すことができるようにすることである。

私たち、預金者にとってはいい制度と言えるだろう。

ただ、米国の中央銀行である連邦準備理事会(FRB)はこの制度を過剰に拡大してきた。

例えば、2008年に発生したリーマンショック。

このとき、リーマン・ブラザーズを筆頭に金融機関が破綻することになった。

ただそんな中で、ベアー・スターンズは政府から救済を受けた。

また、銀行以外の金融機関でも大手保険会社のAIGは政府から救済を受けたのだ。

私腹を肥やす金融機関の幹部たち


しかし、救済を受けた翌年の2009年には、AIGの幹部に総額およそ162億円のボーナスが支給されている。

このように、「大きすぎて潰せない」ことを理由に、大手金融機関は自分たちが危機に直面した際、政府から救済を受けることができる。

これにより、金融機関の幹部たちは、顧客から預かったお金を使って私腹を肥やしているのだ。

そして、米国の金融システムは今、危機に直面しているかもしれない。

というのも、債権市場の暴落により、巨額の含み損*を抱えていると言われているからだ。
*保有する有価証券の価格が買った時よりも時価が値下がりしている状態。

連邦預金保険公社(FDIC)によると、米国の銀行には含み損が6,200億ドルあると言われている。

そして、最も腹立たしいのは彼らが一般人にこのことを公表しなかったことだ。

もし、この事実を公表すると、人々が一気に預金を下そうとして取り付け騒ぎが発生するからだろう。

仮にこの含み損がさらに広がっていけば、預金者のお金が一気に危機にさらされることになる。

では、私たちはどうすればいいのだろうか?

その一つの手段が、資産を安全な場所へ避難させておくことだ。

例えば、金やその他の貴金属などだろう。

ただ、これは20世紀までの話。

暗号資産が法定通貨になる?


今後はこの対象がビットコインなどの暗号資産になっていくと私は考えている。

2009年にビットコインが生まれた理由の一つは、「大きくて潰せない」銀行から私たちを守るためと言えるだろう。

暗号資産があれば、銀行が存在しなくても私たちが個人間でお金のやりとりができるようになる。

また、政府が発行する法定通貨に頼る必要もなくなるだろう。

ビットコインが生まれた当初、ユーザー数はもちろんゼロだった。

ただ、15年後の今、暗号資産を保有するためのウォレットを持っている人たちは世界で4,400万人いると言われている。

しかし、これは始まりにすぎないだろう。

銀行システムの不安から、暗号資産が一般的に利用される通貨になる可能性がある。

そうすれば、益々暗号資産を利用する人が増えていく。

そして、価格が大きく上昇することが期待できこれは大きな投資チャンスになるかもしれない。

イアン・キング

P.S.

~編集部~

株価が急上昇する可能性があるトレンドを見つけ出すプロのイアンさん。

そんなイアンさんが「次に来る」と考える3つの企業を見つけ出しました。

その3つの企業を知ることができる、電子書籍を先着5,000名へ無料プレゼントしています。

無料プレゼントを手に入れる方法は、こちらでご覧いただけます。

→続きをみる。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!